H-CUBE

H-CUBE 東町 1A/1B

店内雰囲気

所沢の旬と旨みが凝縮!
生産者の思いを届ける
ホットドッグ専門店

とこベジドッグnicorico[ホットドッグ専門店]

営業時間
火-土 11:00-21:00, 日 11:00-19:00 (L.O. 30分前)
休業日
月曜日

店主店長 志田ゆりえ

―所沢産の食材にこだわっているそうですね。

はい。当店のホットドッグは、所沢育ちのお肉を使ったソーセージに、所沢産の野菜を練り込んだ所沢の地粉入りのパンをベースとし、なかに挟む野菜の多くが所沢産です。当店は感謝とつながりをテーマに、ホットドッグを通じて所沢の旬を知っていただき、生産者の思いをお伝えすること。お店の名前にも、生産者から消費者まで、私たちの提供する食によって皆が笑顔になってもらいたいという思いが込められています。

―地産地消メニューでホットドッグは少数派ですが。

ホットドッグ(とこベジドッグnicorico)そうですね。お肉も野菜も地元産というのは珍しいかもしれません。ホットドッグにすることで、所沢にはその両方の生産者がいるということが伝わりやすくなります。ソーセージに使うお肉には、牛、豚、うずらとありますが、これらは市内生産者の方から指名買いしていますし、野菜もなるべく直接農家の方から仕入れています。

―うずらのお肉とは珍しいですね。

ソーセージヨーロッパではメジャーなのです。うずらはハツやレバーといった内臓を使っています。うずらは身体が小さいため、1羽でソーセージに使えるのは2~3gほどしかありません。それを当店で扱うソーセージには、5羽分に相当する量を使っています。それができるのも、所沢には全国的にも少ないうずら専門の生産者がいるからなんです。

―使う野菜はその時々で変わっていくのでしょうか。

季節の野菜たとえば夏場なら、トマトやとうもろこし、ゴーヤといった夏野菜が登場します。ただし、四季の関係上、野菜の採れない時期もあります。小松菜やほうれんそう、カブの葉などはペーストにしてパンに練り込むことで、所沢の野菜の味をいつでも楽しめます。

―最後に、nicoricoへの思いをお聞かせください。

店内雰囲気ホットドッグを通して、生産者と消費者の距離が縮まる、人と人とのつながりを感じていただけるお店を目指しております。プレオープンでは多くのお客さまがお見えになり、手ごたえを実感しました。また、ホットドッグから所沢に魅力を感じ、来ていただけるようにしていきたいです。

H-CUBE東町_とこべじどっくnicorico – Spherical Image – RICOH THETA

  • 店長 志田ゆりえ 1984年10月12日生

    -

店主のオススメ

  • ホットドッグに入れるソーセージは三種類 ホットドッグに入れるソーセージは三種類
  • テイクアウト用のハムも販売 テイクアウト用のハムも販売
  • 締めも所沢産スイーツを 締めも所沢産スイーツを
  • 食前/食後の手洗いも店内で可能 食前/食後の手洗いも店内で可能
  • 外看板はコレが目印 外看板はコレが目印
  • ホットドッグを食べた後は笑顔に ホットドッグを食べた後は笑顔に
  • 自分だけのオリジナルなホットドッグを見つけにきてください 自分だけのオリジナルなホットドッグを見つけにきてください

インフォメーション

店名
とこベジドッグnicorico
営業時間
火-土 11:00-21:00, 日 11:00-19:00 (L.O. 30分前)
休業日
月曜日
電話番号
04-2941-3152
住所
埼玉県所沢市東町13-29 H-CUBE 東町1B
ホームページ
http://hitosara.com/0006068464/
Facebook
https://www.facebook.com/OEC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-650633141746618/?fref=photo

とこベジドッグnicoricoへのアクセスマップ

※最新の情報については、直接テナント様へお問い合わせください。

H-CUBE 東町の他のテナント紹介